まず、ワンルーム引っ越しの料金相場はどのくらいなのでしょうか。

大手引越し業者、中小引越し業者、単身パック、赤帽などの軽貨物運送業者の引越しサービスなど様々ありますが、比較してみましょう。

ワンルーム引越しの相場

こちらが主要引越し業者のワンルーム引っ越し料金になります。

これをみることによりワンルーム引っ越しのだいたいの相場もわかります。
ワンルーム引越し料金

やはり単身専門のサービスを用意している引越し業者は安い料金設定になっていますね。

また、CMなどにお金をかけている大手引っ越し業者だとどうしても料金は高くなりますね。

すべてに一括で見積もりをもらうのが一番手っ取り早くてラクです。

また、料金も比較することにより安くできます。

また、料金に関しては荷物量、日にち等により変動する部分もありますので、かならず一度見積もりを取りましょう。

▼こちらから一括見積もりができます(無料)

ワンルーム引越しで引越し業者のプランを選ぶ際の注意点

ワンルーム引越しの場合、お得なワンルームパックを検討する方が多いです。

しかし、これに関しては注意点があります。

荷物量が多すぎて1パックに積める量をオーバーしてしまうという問題です。

それにより2パック頼むことになって返って料金が割高になってしまうといったことも起こっています。

ワンルームでも引越し日は検討の余地あり

ワンルーム引越しでも、3月や4月など繁忙期なってしまうと料金はかなり高くなってしまいます。

通常の時期に比べて引っ越し料金が2倍~10倍にもなってしまいます。

また同じ3月4月でも、土日の引越しとなるとさらに割高になってしまいます。

また同じ土日でも、午前中の時間指定便になりますとまたさらに引っ越し料金が割高になってしまいます。

当然依頼する引越し業者によっても引っ越し料金は大きく変わってきます。

以上を踏まえると、ワンルーム引越しでも、引っ越し料金を安くするテクニックを使うことが必須になってくることがわかると思います。

何も知らずに3月4月の土日の午前中などに依頼してしまうと大きな損失が出てしまいます。

お得な時間帯などを見極めながら複数の引っ越し業者に一括で見積もりの依頼をすることがベストな方法です。

▼こちらから一括見積もりができます(無料)

単身パックの種類とその選び方について

多くの大手引っ越し業者で用意されているサービス、引っ越し単身パックですが、ひとことで引っ越し単身パックと言っても、その仕組みが完全に同じと言う訳ではありません。

それぞれの業者でそれぞれの違いがあるようですが、その中身を見てみると、どのように設定されているかを分類することができます。

今回は、その引っ越し業者がうたっている単身パックについて、本当に割安になるのか、またはどのようなメリットデメリットがあるのか、それぞれの大手の引っ越し業者ではどのような引っ越し単身パックが用意されているのか、ということを紹介したいと思います。

二つに分けられる大手引っ越し業者の単身パック

まず、大手引っ越し業者が用意している単身パックについて、大きく分けると二種類に分類できるようになっています。

その二種類としては「ユーザーが引っ越しのパッケージを選ぶタイプ」と「見積もりを出してもらうタイプ」に区分されています。

それぞれの違いについてをまずはみていきましょう。

ユーザーが引っ越しのパッケージを選ぶタイプ

一つ目では、単身パックというパッケージ化されている商品として、サービスを受けることができるタイプです。

もともと、引っ越し業者がユーザーのニーズによって用意したサービスの一つであり、これ以外にも様々なサービスを意図的にいくつも用意しています。

そのサービス自体を商品化して、それに定価を付けて販売を行っているのが、こちらの単身パックということになります。

なので、料金が提示されているので、どのくらいの値段になるかどうかということを事前に知ることができるというメリットがあります。

さらに言えば、こちらはユーザーが選択した引っ越しのパターンに対して、引っ越し料金が常に一定となっており、それ以上に引っ越し料金が高くなることも安くなることもありません。

また、こちらの単身パックを実際に展開しているのは、日本通運とクロネコヤマトが大手としては知られています。

ただ、いくつもパッケージが用意されており、少量の荷物にしか対応していないタイプのものや、それなりに多くの量の荷物に対応しているものと分けられている場合がありますので、その際のパッケージの選択を間違えないように注意しなければなりません。

また、長距離移動になると料金が高くなることもありますので、中距離までの利用がおすすめです。

引っ越し業者が見積もりを出すタイプ

もう一方の単身パックのタイプは、引っ越しサービスの内容と、引っ越しの料金は公表しておらず、ユーザーごとに引っ越し業者が見積もりを行って、料金を出すタイプの単身パックになります。

こちらは単身パックと名前は付いていますが、引っ越しサービスに限定された内容や、それに対する料金も明確にはしていないので、見積もりの流れがファミリーの引っ越しとほとんど同じものになっています。

ただし、見積もりに関してファミリーの引っ越しと比べて違う点があります。

それは訪問見積りが必要が無いと言う点です。

行う場合もありますが、単身の引っ越しの場合には見積もりをしなくとも、少量の荷物になることがほとんどですので、電話の見積もりだけでも十分なのです。

また、ユーザーごとに個別に見積もりを出すために、引っ越し料金の最安値が最も出やすい単身パックにもなっているのです。

なので、引っ越し料金を安くしたいという方には非常におすすめの単身パックだと言えるでしょう。

ユーザーがパッケージを選ぶタイプの特徴

では、それぞれの特徴について見ていきましょう。

まずは引っ越し会社が書くホームページでうたっている単身パックの中でも、いわゆる定価のあるパッケージタイプの単身パックです。

完全に商品化、パッケージ化されている単身パックとなっていますので、追加料金などの心配が無いというメリットがありますが、料金の値引きなどがないと言うデメリットも指摘することができます。

また、見積もりがないために、荷物の量を判断するのはユーザーとなっています。

そのため、荷物を全て運びきることができなければ、自己責任となってしまい、引っ越し業者が何かしらの責任を負ってくれるということはありませんし、そうなってしまえば追加料金を支払わなければならなくなってしまいます。

あくまでもユーザーの自己責任によって引っ越しの単身パックを選ぶことが、こちらの単身パックの大きな特徴となります。それ以外にも以下の特徴が挙げられます。

運ぶ用量を限定している点

一つ目の特徴としては、運ぶ荷物の量が限定されていると言うことが挙げられます。

こちらでは荷物を運ぶために、カート、ボックス、荷台の容積を公開しています。

その荷台に載せきる荷物の量だけを運送するというシステムになっています。

その公開されている容積を元に、どの荷台に全部載せきることができるのか、サイズはどれくらいのものが適切であるか、と言うことを自分自身で判断してから、適切なパッケージを判断して申し込みをする必要があります。

そうすることで、料金が設定されるのですが、やはり、間違えて乗り切らない荷台を選んでしまうことも多いようです。

数値で書かれているので、容積が想像し辛いと言う点や、使用するダンボールの大きさがバラバラだと、実際に乗せるときには、計算したときとまったく違っているということもあるために、荷物を運びきることができなくなってしまう、ということも考えられますので、よくよく調べ適切な容積のものを利用する必要があると言えるでしょう。

ですが、比較的料金が低くなりやすいので、荷物の量が少ない方にとっては非常におすすめですね。

引っ越し料金が統一されていて、公開されている

先ほど挙げた通り、荷台の容積を選択し、さらに移動距離を設定することで、料金が決まっています。

そのために、あらかじめ定められている料金を選ぶことができるようになっています。

その料金は統一されていますので、同じカート、ボックス、荷台の容積で同じ移動距離であれば、誰であっても引っ越し料金は全く同じになっています。

そのように、ユーザーが選択をすることによってインターネット上で見積もりが完結するので、料金が一定であると同時に非常に手間がかからないと言うメリットもあります。

また、一定の料金はかなりの低額となっています。

荷台の大きさはトラックにいくつも入れることができる大きさになっていますので、複数の荷台を一度に運ぶことができるようになっているからです。

そのようにして、トラックに掛かる料金や人件費をカットすることによって単身パックとしてのかなり利用し易い値段に設定をすることができていると言えるでしょう。

また、そのままパッケージを購入する、というイメージも最も強くなっているとも言えますね。

荷物を預ける日と受け取る日が違う

こちらのシステムでは、非常に宅配便と似通っている点があります。

それは、出荷日と配達日というのが用意されているのです。

上記に上げた通り、一つの荷台に荷物を詰めて、それを業者に渡して、複数の依頼者の荷物と一緒に送るのが、こちらのシステムで行われている引っ越し方法になります。

なので、集荷をすることは依頼日にすることができるようになっていますが、それからまた複数の依頼者の元へ行って、荷物を集める必要がありますので、特別な指定が無ければ、最低でも配達がされるのは翌日になっています。

安さは非常に優秀ですが、そのように発送日が用意されている上に、配達日も指定の時間になるとは限りません。

繁忙期などの依頼が集中し易い時期に引っ越しをすることになると、同じ時間帯に配送が被る場合もありますので、確実性は少し下がります。

なので、配送がされるまでには何日かかかる可能性もあることは覚悟しておいた方がいいと言えるでしょう。

もちろん、新住所が旧住所から近い、同じ住所の場合であったとしても、1日では引っ越しが終わらない可能性もありますので、引っ越しの見積もりの申し込み時にきちんと確認しておき、もしも当日中に引っ越しを終わらせたいのであれば、オプションプランを活用するようにした方がいいと言えるでしょう。

作業時間で区切る「赤帽」

引っ越しに使用する車両を軽トラックに限定して、移動距離と作業時間で料金を公開しているのが赤帽の単身プランです。

そのため、ユーザーは後悔されている料金表を元にある程度引っ越しの料金を予測をする必要があります。

また、メールのみでの見積もりでも、明瞭に引っ越しの料金を回答してくれるのも赤帽の特徴ではあります。

上記に上げたものとは、かなり違いますが、料金を公開しているという点では、単身プランのタイプとしては同じなので、こちらで紹介しておきました。

引っ越し料金を作業にかかる時間に換算して割り出しているのは、赤帽の独特の計算方法になっていますので、赤帽を利用する際には、それを念頭に置いたうえで利用するようにした方がいいと言えるでしょう。

パッケージを選ぶタイプの単身パックの流れとそれぞれの業者の料金

では、次にこちらのタイプの単身パックを利用する際の流れt、それぞれの業者の料金についてを見ていきましょう。

ファミリーの引っ越しとほぼ同じ流れ

基本的な流れとしては、ファミリーの引っ越しとほとんど同じです。

まずは、ウェブサイトからの申し込みでスタートします。

書く引っ越し業者のホームページを閲覧し、希望のコースを選んで、現住所と引っ越し先の住所を入力します。

ここで住所は必ず間違えないように気を付けましょう。

そして、次は表示された料金を確認して、送信をします。

個々で表示される引っ越し料金はこれまでにも説明した通り定額となっています。

同じカート、同じボックスで同じ移動距離の引っ越しをするのであれば、全く同じ引っ越し料金になりますし、それ以上高くも安くもなりませんので、お気を付け下さい。

そして、次は引っ越し業者からの予約確認の電話が入ります。

ここでも、荷物を取りくる時間などの確認をしっかりと行って、間違いが無いようにしましょう。

その後は、荷造りです。

荷造りの際にはダンボールはある程度は必要だと思います。

残念ながら、こちらの引っ越し単身パックでは、ダンボールの無料提供が行われていない業者が大変多いので、ダンボールは購入するか、スーパーやドラッグストアなどで無料の物を入手しておくようにしましょう。

一応、引っ越し業者のホームページからダンボールは購入可能です。

そして、引っ越し当日になれば、荷物の積み込みを行うことになり、それで後は新住所で翌日以降に受け取ったら、引っ越しは終了です。

こちらの単身パックの概要としては、路線便安堵の整備を全国に展開していなければ使用できないと言う点が挙げられます。

離島などの一部を除いてはほぼ全国の引っ越しに対応していますし、クロネコヤマトも日通も海外への引っ越しにも対応しています。

それでは次はそれぞれの業者の単身パックについてをより詳しく見ていきたいと思います。

日通の単身パック

日通の単身パックは台車の大きさに分けたSサイズとLサイズの二種類があります。

もちろん、Lサイズの方が大きくなっており、それぞれに値段が違います。

Sサイズは17850円、Lサイズが18900円からとなっています。

もちろん、移動距離によってさらに値段が増えるようになっていますので、現住所と新住所を入力したときにきちんと確認をしておきましょう。

なお、ホームページから申し込むと2100円の割引が適用されるようになっており、単身パックの最低料金は15750円となっています。

こちらは比較的割安になっていますので、安さを考えると非常におすすめだと言えるでしょう。

クロネコヤマトの単身パック

クロネコヤマトの単身パックは、サイズごとに2種類に分かれています。

一種類目は単身引っ越しサービスminiタイプとなっています。

こちらも専用のボックスが小さ目になっています。料金については三つに分かれています。

まず、同一市内であれば、基本は13650円となっています。同一エリアであっても、関東エリアの場合は少し割高になって16800円となります。

もう一つは、東京から神奈川、もしくは神奈川から東京までであれば、18900円となっています。

もう一つの通常の単身引っ越しサービスでも、同一視内であれば基本は14700円、関東エリアになれば17850円となっています。

神奈川から東京までは22050円となっています。

こちらの専用ボックスはもう一つの方よりも大きめになっています。

なお、クロネコヤマトは料金的に、日通よりも低くなっていますが、さらに割引がいくつも用意されています。

それぞれ、WEB申込み、平日の引っ越し、引っ越しの14日前に申し込んだ場合、専用ボックスを2つ以上使った場合に割引があります。

WEB申込みと平日引越しの場合は2100円、14日前の早期割引だと1050円、専用ボックスは2つ以上で1ボックスあたり1050円の割引がされるようになっています。

なお、こちらもホームページに現住所と新住所を入力したときに、移動距離に対応した引っ越し料金が表示されるようになっており、最安値は関東エリアだと11550円、その他のエリアでは8400円となります。

赤帽

赤帽は上記に上げた通り、料金を見積もりによって設定するようになっていますので、ホームページでは明確な料金は分かりませんが、料金の計算方法自体は後悔していますので、それを利用して計算し、割り出すことは可能になっています。

作業時間で計算するというのは赤帽特有の見積もり方法になっています。

その際の引っ越し料金は2時間以内であれば、トラックが1台、人員が1名の場合は、11560円で、30分超過するごとに1580円が追加されます。

なお、日曜日と祝日はさらに2割増しとなっていますので、ご注意ください。

なお、ホームページでの最安値は11560円となっていますが、実際にはもっと安くなることが多いです。

単身引っ越しなので30分くらいで終わることも非常に多いからですね。

また、赤帽は作業員が基本的に一人なので、家具や家電の運搬は自分も手伝わなければなりませんので、注意しましょう。

ただ、料金はかなり安くなりますので、実際に多くのリピーターもいるくらいには、顧客の満足度も高くなっていますので、単身引っ越しの場合には非常におすすめだと言えるでしょう。

個別に見積もりを出してもらう単身パックの特徴

では、次は個別に見積もりを出してもらうタイプの単身パックの特徴を見ていきましょう。

こちらではユーザーごとに引っ越し業者が見積もりを出すようにしています。

どちらかと言えば、上記に上げた単身パックよりも、こちらの単身パックを用意していることが多く、非常に多くの方が利用しています。

・ファミリーの引っ越しと流れが大体同じ
はっきりと言ってしまえば、こちらは見積もりをしてもらう必要がありますので、引っ越し業者に見積もりをしてもらうまでは料金が判明せずに、ユーザーが料金を決めるのではなく、引っ越し業者が料金を決めるようになっているので、ファミリーの引っ越しの場合と見積もりをするまでの流れはほとんど同じになっていると言えます。

・引っ越しの最安値で利用することができる
こちらの特徴として挙げられることに、引っ越しに蹴る料金の最安値を出すことがある、と言う点が挙げられます。

見積もりを出してもらえますので、料金は一定ではありませんし、ユーザーごとにピッタリの引っ越しの見積もりを出してもらうこともできるようになっているので、本当に荷物が少ない場合には、本当に引っ越し料金の最安値、底値を引き出せる可能性があるのです。

また、こちらを利用すれば近場の引っ越しであれば4時間くらいで引っ越し作業を終わらせられるようなスケジュールも組み立てることができますので、引っ越しが完了するまでの早さも大きな特徴だと言えるでしょう。

個別に見積もりを出してもらう単身パックの流れ

上記に上げた通り、こちらのタイプの単身パックの見積もりは、ファミリーの見積もりの流れとほとんど同じです。

まずは、引っ越し業者に見積もりをしてほしいことを伝えます。

業者が決まっていれば電話をするのもいいですが、ネットには一括見積サイトもありますので、そちらを使用すればすぐに複数社の見積もりを出してもらえますし、料金を比較しながら業者を決定することが可能です。

そして、電話での聞き取りで見積もりを行います。基本的には単身パックの見積もりは、電話のみで行うことが多いので、間違いの無いように伝えましょう。

なお、荷物量が単身パックに該当していない場合には引っ越し業者の営業マンが次に自宅へきて訪問見積りを行います。

もしも、複数の業者に見積もりをしていれば、見積もりが終わった後に金額以外の条件も加味しながら比較検討をして、全ての引っ越し業者に断るか承諾するかの連絡を行います。この際には絶対に全ての業者に連絡をすることだけは気を付けましょう。

それが終われば荷造りです。荷造りは特に気にすることはなく、ファミリーの引っ越しと同じように荷造りを済ませてしまいましょう。そして、引っ越し当日に荷物を渡せば終了です。

こちらのタイプの単身パックを適用している引っ越し業者のそれぞれの概要

こちらの単身パックを採用している大手の引っ越し業者は主に四つとなっています。ユーザーごとに見積もりをすることによって、料金が安くなるという点が大きな特徴となってはいますが、同じパッケージの引っ越しを利用しても、ユーザーによっては割高になることも良くあるようです。

上記に上げたもう一方の方法と比べると、そちらと比べると料金が安くなりやすい傾向にありますし、引っ越しのスケジュールも自由が利きますので、比較的おすすめの方法ではあります。

また、多少荷物が多くとも、こちらならばしっかりと対応してくれますので、荷物が多い場合にもおすすめです。

サカイの単身パックの見積もり

まずは、サカイ引越センターの単身パックです。

こちらはホームページに専用のページが用意されていますので、そちらから利用しましょう。

専用のページを利用する際には、単身パックという言葉が使われてはいませんので、その言葉ばかりを探さないようには注意しましょう。

また、坂井引越センターの場合はファミリー引っ越しと少し違う点があります。

専用のページには、なんと単身引っ越し用の見積もり入力フォームに、荷物リストを入力する項目があるのです。

それを利用することによって、荷物リストさえあれば電話などでも見積もりがスムーズに行えるようにもなっていますので、ファミリー引っ越しとは違って、訪問見積りが必須でないということが良く分かるかと思います。

アート引越センターの単身パックの見積もり

次はアート引越センターです。

こちらでもサカイと同じように単身パック、という単語は使われておらず、「お一人のお引越し」という見積もり申し込みフォームが用意されています。

ただ、ホームページではその内容についての詳しい説明が乗せられていませんので、そちらには注意しましょう。

なお、こちらの専用見積りフォームはファミリー引っ越しとほとんど同じになっています。

見積もりの希望日の項目があり、荷物リストの入力項目がありませんので、こちらの場合は訪問見積りが必要になるのではないか、と考えられます。

なお、一応スマホアプリも新たに用意されたようですが、1度しか使わない場合にはダウンロードせずに、ネットから申し込みを済ませてしまった方が、手っ取り早く引っ越しの申し込みを済ませられると思います。

アリさんマークの引っ越し社の単身パックの見積もり

アリさんマークの引っ越し社の場合は、「ミニ引っ越しプラン」という専用ページが用意されています。

こちらはさらに、三つのプランが用意されています。

一つ目のプランは「超ミニ引っ越しプラン」と呼ばれるものです。

こちらはダンボールのみで10個までのお得な引っ越しとなっています。

かなり手軽に利用できますし、その分だけ料金も少なくなっているので、かなり荷物が少ない場合には非常におすすめだと言えるでしょう。

二つ目は「特ミニにっこしプラン」です。こちらはダンボール15個までと小さなテレビ、小さなチェストくらいの引っ越しに適応しています。

ただし、畳1畳分くらいの広さに入る量が目安となっていますので、お気を付け下さい。

最後の三つ目が、通常のミニ引っ越しプランです。こちらは段ボル20個と必要最低限の家電と、自転車などを運ぶことができます。

なお、アリさんマークの引っ越し社の場合には、プランの内容から注意点までが丁寧に記載されていますが、料金間実際に見積もりをしてもらうまでは分からないようになっています。

見積もりは電話見積もりも可能になっていますので、こちらで引っ越しをしてもらいたいのであれば、電話連絡をしましょう。

ハート引越センターの単身パックの見積もり

ハート引越センターのホームページにも「単身者用の引っ越し見積りフォーム」という専用ページが用意されています。

こちらでも単身パックという言葉は使われてはおらず、専用のフォームもだいたいファミリー引っ越しと同じになっています。

ただ、一つだけ違う点があります。

それは、入力を勧めていった最後のところに、ご希望連絡方法という項目が用意されているのです。

メール、電話、FAXと選べますが、お急ぎの場合には電話が一番早く連絡を受けることができるようになっていますので、そちらを利用するようにしましょう。

逆に言えば、メールでも見積もりが可能と言うことも指摘できます。

メール見積もりに対しては非常に丁寧に対応してもらえます。

さらに、ハート引越センターは、ミニトラック引っ越し便というものも新たに用意されました、こちらは軽トラックと作業員兼ドライバーが1名で伺うので、かなり料金が安くなっています。

もしも、荷物が相当少ない場合には、こちらを利用することをおすすめします。

近距離引越しの場合には7350円からとかなりの低水準になっていますので、非常におすすめですので、ぜひとも近場で荷物が少ない方は利用するといいでしょう。

ワンルームパック体験談 激安で引越しできました。

ここで私の引越し体験談を紹介させてもらいます。

一括見積もりサイトをうまく活用することにより、かなりお得な価格での引越しができたと思います。

以下にその手順をまとめていきます。

※基本情報
引越し時期:2月
引越し曜日:金曜日
引越し先住所:神奈川県のワンルームマンション2階(エレベーターあり)
移動距離:15キロ程度(同一市区内)
主な荷物:テレビ、机、衣装ケース10箱、靴、日用品、布団

(1)一括見積もりサイトを利用
引越し先が決まり、まずは以下の一括見積もりサイトを利用しました。

上記基本情報を入力し、翌日までに5社から見積もり金額に関するメールが届きました。

ちなみに見積もり依頼会社は自分で選択することができます。ここで大手業社のみでなく中小業社も混ぜるようにすることがポイントです。

(2)もらった見積もりから業者の絞り込み
もらった見積もりの中で料金の高い2社はここで除外しました。

そして残った3社について、インターネットで口コミなどを調べました。

その結果非常に評判の良い1社を選び、引越しをお願いしました。ワンルーム引越しの場合、荷物量が少ないので訪問見積もりなどはないことが多いです。

結果的に、わたしの場合9720円という値段で引越しができました。

自分でも一括見積もりサイトを利用したり口コミを調査したりと努力した甲斐もあり、かなりお得に引越しできたと思います。

格安引越し業者をさがすなら、無料一括見積もりサイトをうまく活用しましょう。

▼こちらから一括見積もりができます(無料)

投稿日:

Copyright© ワンルーム引越しセンター【単身引越し専門】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.