ワンルーム引越し」カテゴリーアーカイブ

引っ越し前にやるべきことと手順

進学や就職、転勤などで引っ越しが決まり、新居が用意できれば、まず、するべき事は引っ越し業者の選定です。
引っ越し料金が会社負担の方や、お金に余裕のある方は利便性に優れた引っ越し業者を選定してください。

学生など割安で引っ越しをしたい方は、安い業者を選択してください。
次に、引っ越し業者が決まれば、荷づくりを始めます。
新居の間取りも考えた上で、家具の配置などをイメージして、自分の持っている者を取捨選択します。

この際、思い出の品も含めて、新生活に不必要なものは廃棄する事はおすすめです。
この先の引っ越し及び新居がすっきりする事は間違いありません。

また、今住んでいる所の家賃や光熱費を始めとした契約関係を早急に、解約します。
解約日は、引っ越しの日とします。

家賃などは、退去の2カ月前までに通知する事等、定めがあるので、契約書に従って早急に対応しましょう。

水道代、電気代、ガス代に加えて、忘れがちなインターネットの解約にも注意します。
インターネットは回線料金と、プロバイダ料金が異なるのでくれぐれも解約漏れがないように注意します。

また、郵便物や銀行口座をはじめとした、住所登録をしている契約の手続きも行います。
銀行等に関しては住所変更の手続きを、郵便物に関しては転送手続きをします。

インターネットに登録している住所にも要注意です。
例えばネットショッピングサイトに登録している住所をきちんと変更していなければ、旧住所に購入物が届いてしまうので要注意です。

引っ越しの予約は何日前からやるべき?

引っ越しの予約は、早ければ早いほうが良いです。
1カ月前などが一般的ではないでしょうか。

繁忙期なら、引っ越し日に近づくほど、予約が埋まってくるので、土日などは空きがなくなってきます。
早ければ自分の都合の良い日程を選ぶ事ができるので、好都合の条件で契約する事ができます。
自分の引っ越しスケジュールを組む為にも、速いほうがベターなのですが、もしも突然、転勤の辞令が出てしまった場合は、極端な話、引っ越し業者のトラックと人の稼働の空きさえあれば、前日にでも予約する事ができます。

しかし、春などの繁忙期の場合はもちろん、前日に予約は不可能に近く、たとえ予約が取れたとしても、深夜や早朝の時間帯になるケースも多いです。
また、引っ越し料金に関しても予想以上に高額な値段となってしまいます。

閑散期の場合は、直前の相談の場合、過酷なスケジュールとなるので、引っ越し業者にとってもリスクは高いです。
しかし、引っ越し当日にトラックと人の稼働の空きがあった場合、引っ越しを引き受けても断っても、トラックの駐車場代や、人の人件費はかかってきます。
引っ越し業者も多少無理をしてでも、売上によって駐車場代と人件費をカバーしようとするので、案外格安で引っ越しを予約する事ができます。

以上の事から、引っ越しの予約は早ければ早いほど良いのです。
直前に予約する場合は、なかなか引っ越し業者が見つからないリスクや、時間帯や料金が不利になる覚悟をしつつも、もしかすると格安料金になるかもしれないというケースもあります。

それらを視野に入れて検討してください。

ワンルーム引っ越し料金を安くするには?

個人で引っ越し代を負担する場合は、なるべく料金をおさえて安く引っ越しをしたいものです。
引っ越し業者に見積もりを依頼して、一番安い業者を選択する事となりますが、引っ越し業者といって思い浮かべるのはCMや広告などでもよく見聞きする、大手の引っ越し業者ではないでしょうか。

大手引っ越し業者は季節によっては安い時期もありますが、進学や転勤に伴う引っ越しが重なる春などは割高となっています。
そこで、引っ越し料金を安くする方法ですが、一番のおすすめは、赤帽などの配送業者に依頼する事です。
料金は、数千円からの設定となっているので、とても安く引っ越しをする事ができます。

配送業者の場合の難点は、荷物があまり運べない事ですが、もし、引っ越し前は家族と住んでいて電化製品があまり無く、引っ越し先で一人暮らしをスタートする場合でしたら、引っ越し先の土地の家電量販店で大型家電製品や家具を購入する事をおすすめします。

引っ越し料金を安くしようと思って、家族や友人に依頼する方法もありますが、日当分のお礼をするのはマナーなので、よけいに出費がかさむ場合もあります。
また、もしも家具や新居に傷がついたり、紛失したりした場合はトラブルを引き起こす可能性もあるので、引っ越しは、プロの業者の方に依頼したほうが良いと思います。

配送料金だけで無く、労務費も込みで数千円からとなっているので、大型レンタカーを借りて自分で引っ越しをするより安くて楽です。

ワンルーム引越しは平日の方が安く済む

引越しをするときにできるだけお金を節約して済ましたいですよね。
引越しはいつ引っ越し業者にお願いをするか?で、かかる費用が結構変わってくるものです。
引越し業者を利用するなら、平日に依頼をした方が良いと思います。
土日、祝日に休みの人が多いと思うので、そういった日に引越し業者に頼む人も多いのかな?と思いますけど、こういった人は同じことを考えている人がとても多いです。
したがって、引越し業者には依頼がかなり殺到するために、ちょっと料金がいつもよりも割高になることもあります。
土日と比べると、明らかに平日の方が引っ越し業者にくる依頼の数は少ない傾向にあります。
多くの方が平日に引越し作業をするというのは、ちょっと厳しいかもしれません。
ただ、土日や祝日などの便利な日を選ぶと、それだけ多くのお金がとられてしまうのは確かです。
お金を気にされる方は、できるだけ都合をつけて平日に依頼をしてみるというのも良いのではないでしょうか?

アリさんでワンルームの引っ越し

結婚してから引っ越しをする際に、いくつか業者へ見積もりを頼んだことがあります。
どの業者も「今予約してくれたら、この価格でやれますよ」とすぐに予約してもらうような作戦を取っているようで、即決しなくてはいけないことが逆に大変でした。

アリさんマークの引越社は2件目の見積もり業者でしたが、1件目のところの価格を聞いたら

「それは大雑把な見積もりですね。うちの場合はもう少し細かく出します」と丁寧な見積書だったのが特徴です。

やはり仕事は丁寧なほうが信頼出来ますので、そのままアリさんマークの引越社へ依頼することに決めました。
ちなみに業者を決める際にはインターネットの一括見積もりサイトを使いました。

それから家を建て替える際の往復や、仕事場の移動などで引っ越しが必要となったら直接アリさんへ電話して見積もりを依頼しています。
毎度お願いしていると

「もう5回目ですからね」

とトラックを使う際と作業員2人分など、最低限のお金だけでやってくれるようになりました。

今のところ引っ越しの予定はありませんが、また頼む場合は確実にアリさんへ依頼します。
知人で「どこかいい引っ越しの会社を知らない」と相談されたら、間違いなくアリさんをおすすめします。

作業員の方は作業の際に靴下を履き換えたり、ちょっとしたお願いをきいてくれたりと大変親切です。