投稿者「room」のアーカイブ

単身パックでお得に単身引越しする方法

引っ越しにはお金がかかります。たとえ単身世帯だとしても最低数万円以上。遠距離だったり荷物の量が多かったりすると十数万円の出費になることもあります。
まとまった出費の多くなるタイミングだからこそ、できるだけ引越し料金は抑えたいもの。

そこでおすすめなのが「単身パック」です。名前は微妙に異なりますが、クロネコヤマトや日通、サカイ引越センターなど色々な業者がこの単身パックを取り扱っています。
近距離で荷物の少ない引っ越しであれば、1万円台で引っ越しすることも可能です。

そんな単身パックの上手な使い方と、さらに節約する方法についてチェックしていきましょう。

●単身パックとは?
単身パックが普通の単身引っ越しよりも低価格なのには理由があります。

単身パックでは専用のボックスに荷物を詰め、輸送します。複数件の引っ越し荷物をまとめて運ぶことができ、コンテナの大きさが統一されているため、輸送の効率が非常に高いです。輸送コストが大幅に下がるため、トラック一台を貸し切って引っ越しするよりも料金も安くなります。

ボックスの大きさは各社で微妙に異なります。いくつか例を上げてみます。
・日通
単身プランS:横108cm×幅74cm×高さ155cm
単身プランL:横×108cm幅104cm×高さ175cm

・クロネコヤマト
横110cm×幅100×高さ170cm

●大きい荷物や荷物の多い引っ越しには不向き
単身パックでは、ボックスに収まらない荷物は追加料金を払って別に運ぶか、単身パックを諦めて別のプランを利用することになります。また、ダンボールや荷物の数に制限のある業者もあります。

例えば、アリさんマークの引越社ではプランごとに以下のような制限があります。
・超ミニ引越しプラン:ダンボール10個まで
・得ミニ引越しプラン:ダンボールとテレビ小、チェスト小を想定。ダンボールは15個まで
・ミニ引越しプラン:ダンボールとテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、自転車など。ダンボールは20個まで

日通の単身パックLでは以下のような荷物量・内容を想定しています。
・2ドア冷蔵後(109L)
・洗濯機(4kg)
・テレビ
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス
・衣装ケース
・姿見
・ふとん
・ダンボール(中)5個

見てわかるように、大きな家具は運ばないのが前提のプランです。テーブルやベッドと言った大型家具はボックスに収まらないためです。分解可能な家具であれば無理やり詰めることもできるかもしれませんが、その分だけ他の荷物のスペースを圧迫することになってしまいます。
ボックスに入らない荷物を運ぶ場合は追加料金を払うことになりますが、ボックスに収まるからこそ安い単身パックで大きな荷物を運ぼうとするのはあまり賢い選択とはいえません。

運べる荷物の量や大きさに制限があるため、単身パックは身軽な引っ越しに向いているといえるでしょう。そのため、単身赴任や進学の引っ越しなど、荷物の少ない引っ越しでよく利用されています。
反対に、ベッドや家具、家電などをいくつも運ぼうとしている場合にはあまり向いていません。

●荷物はできるだけ少なく
引っ越しの料金は主に荷物の量と距離によって決まります。
単身パックでも荷物が少なくなれば、ボックスの数を減らしたりボックスのサイズを小さくできたりします。
不用品を処分すれば、料金を安くするだけでなく、荷造りや荷解きの手間も削減できます。いろいろな面で引っ越しの負担を減らすことができるため、見積もりなどを行う前に荷物の整理をするようにしましょう。

食器や調理器具、家電など一つの家にいくつも必要のないものは積極的に処分しましょう。捨てるのがもったいないものは、身近に欲しい友人や知り合いがいないかどうか探してみるのも良いでしょう。

不用品は捨てるだけでなく、リサイクルショップに買い取ってもらうこともできます。
本や漫画、ゲームなどはもちろん、家電や家具、楽器や洋服など様々な種類の買い取りが行われています。いらないものを売ることで、引越し費用の足しになればラッキーです。最近では出張買い取り・宅配買い取りを取り扱っている業者も多いです。重い荷物をリサイクルショップまで運ぶ必要がなく便利です。

引っ越し業者の中には、不用品の買い取りを行っている業者もあります。リサイクルショップに買い取ってもらうよりも安くなりがちではありますが、リサイクルショップに依頼する時間のない場合は検討しても良いでしょう。

ただ、物によっては買い取りが困難な場合もあります。型落ちの家電や古すぎる洋服、ベッドなどは買い取ってもらえないケースも多いです。知り合いに欲しいという人がいなければ、思い切って捨ててしまいましょう。
捨てるのがもったいないからと言って、無理に運ぶのはおすすめできません。例えばベッドであれば輸送に数万円かかります。高級なベッドを使っているのでない限り、新しく買ったほうが安上がりなケースがほとんどです。
粗大ゴミの処分については自治体によって異なりますが、捨てるまで多少の手続きが必要となります。引っ越し直前になってしまうと指定の日に間に合わない可能性がでてしまいます。高いお金を払って業者に処分を頼む事態にならないように、早めに動いておくと安心です。

●見積もりは複数社からとる
引っ越し前には必ず見積もりをとることになります。この見積もりは1社からではなく、必ず複数からとるようにしましょう。相場が分からなければ見積もりが妥当かどうかの判断ができないためです。

相場はインターネットでもチェックできますが、あまり正確ではありません。というのも、引っ越し料金は引っ越しの条件によって大きく変動するためです。荷物の量はともかく、どこからどこまでの引っ越しだったかを記載している情報は稀です。

自分にあった相場を見るには、実際に見積り依頼を出して、提示された料金を比べるほかありません。
見積もりは最低でも3社、できるなら5社ほどからとると比較しやすいです。

また、他の業者の見積もりは値段交渉の際にも必要になります。
見積もりがあれば「他では◯万円と言われたがもっと安くできないか」という交渉がやりやすくなります。
引っ越し料金は交渉で下げるのが一般的で、交渉前提に最初は高めの金額を提示するという業者も存在します。
他社からも見積もりをとっているということは、そうでない人と比べて他の業者に行ってしまう可能性
の高い客だということもわかります。そうなれば営業の人も引き留めようとするため、交渉にのってくれやすいです。
値下げを要求するのは怖い、と不安な人もいるかもしれません。しかし、営業の人も値下げ交渉には慣れているはずですから、あまり不安になる必要はありません。

引っ越し料金が簡単に値下げ交渉できるのは、料金に明確な相場がないためです。業者によって金額が大きく異なるのも同じ理由で、このことがお得な業者選びを難しくしています。
曖昧な引っ越し料金の相場を正しく知るためにも、複数の見積もりを揃えることは重要です。

複数の見積もりを揃える際は、一括見積もりサービスを利用するのが便利です。一度情報を入力すればまとめて見積もり依頼ができるため、時間の手間の節約になります。
荷物の量が多い場合は後日訪問見積もりが必要なこともありますが、単身パックに収まる程度の荷物量であれば訪問の必要がないケースがほとんどです。
また、一括見積もりサービスの利用で特典がついたり、値引きがあったりする場合もあります。一括見積もりは無料で利用できるサービスであるため、お得に引っ越ししたい人は是非活用しましょう。

●赤帽も選択肢の一つ
単身パックではありませんが、荷物の少ない単身引っ越しでは赤帽の利用も考えておきましょう。
荷物の輸送を主に取り扱っている赤帽ですが、近年は引っ越しにも力を入れています。

荷造り荷解きは自分でやる必要があったり、荷運びを手伝わなければならなかったりなど専門業者と比べるとサービス面で劣る部分もありますが、料金の安さは魅力です。短距離の引っ越しであれば、2万円程度で引っ越しすることも可能です。
トラックも小型のものを使用するため、新居や旧居前の道が狭い場合でも利用できます。

単身の引っ越しで荷物が少ない人であれば、赤帽の利用も選択肢の一つとなります。

同一市内で新たに一人暮らしを始める人へ

家は出たいけど、よく知らない街で一人暮らしが不安だからとりあえず同一市内で一人暮らしを始めるという人もいるかと思います。

一人暮らしだからレンタカーでの引越しも可能だと思います。
しかし、一人暮らしといっても家具や家電がある場合は、一人での引越しは非常に大変です。たとえ友人たちの手を借りたとしても、慣れない搬入作業で時間がかかったり、荷物が破損したりする恐れがあります。

引越しはやはり、プロに頼むのが最も確実で安心です。プロに頼みたいけどあまりお金を掛けたくない人におすすめしたいのが「単身パック」です。
単身パックが利用できるのは近距離の引越しのみなので、同一市内の引越しに最適です。

単身パックをご存じない方に説明すると、単身パックとは専用のボックスに荷物を詰めて、宅急便のように新居に配送してもらうサービスです。
ボックスといってもよくある引っ越し用ダンボールではなく、冷蔵庫なども載せられる大きなものです。

荷物の少ない単身者であれば、単身パックで安く簡単に引っ越しすることができます。

さらに引越し費用を抑えるためには、見積もりが必要不可欠です。面倒だからといって適当に業者を選ぶと、意外と高くついて後悔することになるかもしれません。

同一市内で単身者の引越し料金の相場は、荷物の量によっても変わりますが、ハイシーズン(3・4月)で4万円~5万円、オフシーズンでは3~4万円前後です。ちなみに単身パックの場合は1万円台での引越しも夢ではありません。

大体の相場がわかったところで、引越し業者に見積もりを依頼しましょう。今はインターネットで何十社も同時に見積り依頼ができるサイトがあります。こういったサイトを利用し、安い業者をいくつか選んで値下げ交渉をします。
値下げ交渉と言っても、一番安かった業者の見積もりを他の業者に見せるだけです。うまくいけば、見積もりを見て安くしてくれる業者や、値下げがなくても特典をつけてくれる業者が現れます。

その後、それを踏まえて最終的に業者を決定しましょう。

1人 引っ越し 格安

私は過去に単身での引っ越しを1回、家族での引っ越しを2回経験しました。単身での引っ越しというのは、必要に迫られたものではなく、単に一人暮らしがしてみたいなという憧れから、近くのアパートに引っ越しただけなので、必要以外の荷物は実家に置いていけたし、実家から近距離で頻繁に行き来できたので、必要な時に必要なものを取りに行くという自由気ままな感じで、引っ越しもそれほど大変ではなかったように思います。それに比べて、家族での引っ越しは大変でした。一回目の引っ越しは私が幼い頃であったため記憶にありませんが、二回目は、実家を引き払い新築に引っ越すということで、荷物を短期間ですべて運ばなくてはならないし、新しい家に大きな荷物を運びこむ際、壁を傷つけないかすごく神経を使いました。家電も買い換えたものが多く、いろんなお店を見ながら満足できるものを買い揃えるのにひと苦労でした。でも、家族はもちろん、友人もたくさん引っ越し作業を手伝ってくれたので、助かったし、わいわいがやがや賑やかに作業し、良い思い出となりました。また、自分たちでデザインしながら建てた新しい家に、一つ一つの荷物を入れて、実際の生活をイメージするのは、すごく楽しく、わくわくしたし、とても幸せなひとときでした。

ワンルームパックは単身の人以外でも利用できる?

安価な料金で引っ越しを実現してくれる単身パックですが、単身以外の人も利用できるかどうかを検証したいと思います。ワンルームパックでは、高さ154cm、奥行き74cm、横幅108cmのサイズに収まる荷物であれば1万円台からの料金設定となっています。容量に伴い値段は上がる仕組みです。単身パックは、商品名は「単身」という文言が入っていますが、単身でなくても利用する事ができます。もちろん、ファミリーにも利用は可能ですが、ファミリーとなると荷物も多く、容量オーバーになる場合がほとんどであるので、自分たちだけでは運べないソファーや冷蔵庫、洗濯機などの大型家電製品や大型家具はプロの引っ越し業者による単身パックにおまかせして、残りの荷物は自分たちで運びましょう。高額な家電製品や大型家具を引っ越し業者におまかせする事により、保険サービスが付帯しているので、万が一、家電製品や家具・新居の壁などに傷がついたり、荷物が紛失したりした場合も安心です。
家の中の大型のものをプロにおまかせしてしまえば、後の小物は自分たちで運ぶ事が可能です。自家用車がミニバン等、大きい車であれば、たくさんの荷物が入ります。引っ越し先が、近場であれば、何回も往復する事により、自力で荷物を運びきる事は可能です。ガソリン代と時間と労力はかかりますが、引っ越し料金はだいぶ抑える事ができるので、大きな出費を防げて節約できます。
ワンルームパックをお得に活用して、上手に引っ越ししましょう。

ワンルームパックの料金はお得?

一人暮らしの引っ越しのニーズに見合った商品として好まれているワンルームパックですが、料金的にお得かどうかという問題に触れてみたいと思います。
結論から述べますと、運んでくれる荷物の容量に対して料金は割高と言えます。パック料金となっているので、多少の割引はあるかもしれませんが、なかなか交渉しても大幅な値下げには結びつかないのが現状です。例えば、荷物を当日運んでしまうのでは無く、前日に荷台に積み、車庫で一泊し、翌日に新居へ届けるといったコースの場合は、他の人の荷物を同じトラックに積んで順番に回るので、複数の案件を一回の交通費と人件費で引っ越しする事ができ、引っ越し業者的にも経費が抑えられるので、お客様に対しても割引をする事ができます。季節的に引っ越しが少ないシーズンの場合も、引っ越し業者的に、売上が無いより、あったほうが良いので、割引して契約に結びつけるケースがあります。その場合はお客様にとってお得になります。
ワンルームパックがパックである事を理由に割引が適用されない場合は、通常の引っ越しプランで値切り交渉に持っていったほうが安くなる場合もありますが、それでもワンルームパックを利用する場合のメリットとしては、保険が手厚い事です。万が一、家具や新居に傷がいった場合は保険で修理代を保証してくれるので安心です。引っ越しプランは見た目の値段だけが安い場合は要注意です。保険がついていない場合や、当日の引っ越し担当者が優秀でないなどデメリットも抱えているので、料金の中に含まれているサービスも考えてお得かどうかを検討する事をおすすめします。

ワンルームパックで運べる荷物量は?

安くて手軽なワンルームパックですが、安い分、どのくらい荷物が運べるのか不安な方もいると思います。各引っ越し業者がそれぞれのメニューを展開していますが、荷物量はだいたいどの会社も変わりません。例えば「日通」の愛称で有名な日本通運では、容量に分けて単身パックプランの料金を設定しているので紹介します。
まず、一番小さいSサイズですが、容積は1.23㎡です。引っ越しの距離や季節によって異なりますが、料金は税抜き価格17,999円から展開しており、とても割安です。さて、容積1.23㎡に収まる荷物量はどのくらいかという点が問題ですが、まず、冷蔵庫です。冷蔵庫は一人暮らし用サイズの2ドア、109リットルが該当します。次に、20インチの薄型テレビです。そして、小さいテレビ台、電子レンジ、掃除機、カラーボックス3段、姿見、布団、段ボール4個が収まる目安となっています。一人暮らしの最低限の生活必順品が収まるので安心のサイズとなっています。他に、ソファやベッドを引っ越し先に持っていく場合は、大きいサイズの単身パックにグレードアップしていき、最大2トントラックでの引っ越しとなりますが、料金が10万円弱となってしまい、とても高額になります。
他の会社の場合も、たたみ3畳分や、押し入れ一段分の荷物量となっているので、ほぼ同じです。ワンルームパックで安く荷物を運びたい場合は、これから一人暮らしをスタートする方や、荷物が少ないかたに最適のおすすめプランとなっています。

ワンルームパックとは?

ワンルームパックとは、住居人が一人の場合に、荷物の量に応じて料金設定がされており、ファミリーサイズの大きなトラックを利用して引っ越しをする事により、高い料金を払わずにすむパックの事です。
ワンルームパックでは押し入れ1段分の荷物の量を運ぶプランを展開しており、1万円台からの料金設定となっています。

実家で暮らしていて、これから一人暮らしをする学生や新社会人、転勤になった独身者、結婚が決まって新居に引っ越しをする人などが利用しやすいパックとなっています。
押し入れ1段分に入る荷物は、個人的な衣料品や生活用品などには十分なサイズですが、電化製品や大型家具が加わると、厳しくなります。
現在、実家暮らしの場合は、電化製品や大型家具は、引っ越し先で購入する事とし、衣料品や生活用品のみを単身パックにより引っ越し業者にお願いすると、安い料金で引っ越しをする事ができます。

現在一人暮らしをしている場合は、家電製品や大型家具があるので、荷物の容量を少し多くし、料金は高くなりますが、そのようなプランもあるので安心です。
単身の引っ越しは、引っ越し業者が運んでくれる荷物の量が少ないので、安い料金で引っ越しをしたい場合は、荷物の量がプランより多くなる場合もありますが、
荷物の量を超えた分は、自分の自家用車やレンタカーなどで運ぶ事ができます。引っ越し業者に対して支払う料金に無駄が無いのが、ワンルームパックの魅力です。

ワンルームパックは、アート引っ越しセンターの「単身引越パック」や、アリさんマークの引越社の「ミニ引越しプラン」などがあるのでニーズに合わせて比較・検討してください。

引っ越し前にやるべきことと手順

進学や就職、転勤などで引っ越しが決まり、新居が用意できれば、まず、するべき事は引っ越し業者の選定です。
引っ越し料金が会社負担の方や、お金に余裕のある方は利便性に優れた引っ越し業者を選定してください。

学生など割安で引っ越しをしたい方は、安い業者を選択してください。
次に、引っ越し業者が決まれば、荷づくりを始めます。
新居の間取りも考えた上で、家具の配置などをイメージして、自分の持っている者を取捨選択します。

この際、思い出の品も含めて、新生活に不必要なものは廃棄する事はおすすめです。
この先の引っ越し及び新居がすっきりする事は間違いありません。

また、今住んでいる所の家賃や光熱費を始めとした契約関係を早急に、解約します。
解約日は、引っ越しの日とします。

家賃などは、退去の2カ月前までに通知する事等、定めがあるので、契約書に従って早急に対応しましょう。

水道代、電気代、ガス代に加えて、忘れがちなインターネットの解約にも注意します。
インターネットは回線料金と、プロバイダ料金が異なるのでくれぐれも解約漏れがないように注意します。

また、郵便物や銀行口座をはじめとした、住所登録をしている契約の手続きも行います。
銀行等に関しては住所変更の手続きを、郵便物に関しては転送手続きをします。

インターネットに登録している住所にも要注意です。
例えばネットショッピングサイトに登録している住所をきちんと変更していなければ、旧住所に購入物が届いてしまうので要注意です。

引っ越しの予約は何日前からやるべき?

引っ越しの予約は、早ければ早いほうが良いです。
1カ月前などが一般的ではないでしょうか。

繁忙期なら、引っ越し日に近づくほど、予約が埋まってくるので、土日などは空きがなくなってきます。
早ければ自分の都合の良い日程を選ぶ事ができるので、好都合の条件で契約する事ができます。
自分の引っ越しスケジュールを組む為にも、速いほうがベターなのですが、もしも突然、転勤の辞令が出てしまった場合は、極端な話、引っ越し業者のトラックと人の稼働の空きさえあれば、前日にでも予約する事ができます。

しかし、春などの繁忙期の場合はもちろん、前日に予約は不可能に近く、たとえ予約が取れたとしても、深夜や早朝の時間帯になるケースも多いです。
また、引っ越し料金に関しても予想以上に高額な値段となってしまいます。

閑散期の場合は、直前の相談の場合、過酷なスケジュールとなるので、引っ越し業者にとってもリスクは高いです。
しかし、引っ越し当日にトラックと人の稼働の空きがあった場合、引っ越しを引き受けても断っても、トラックの駐車場代や、人の人件費はかかってきます。
引っ越し業者も多少無理をしてでも、売上によって駐車場代と人件費をカバーしようとするので、案外格安で引っ越しを予約する事ができます。

以上の事から、引っ越しの予約は早ければ早いほど良いのです。
直前に予約する場合は、なかなか引っ越し業者が見つからないリスクや、時間帯や料金が不利になる覚悟をしつつも、もしかすると格安料金になるかもしれないというケースもあります。

それらを視野に入れて検討してください。

ワンルーム引っ越し料金を安くするには?

個人で引っ越し代を負担する場合は、なるべく料金をおさえて安く引っ越しをしたいものです。
引っ越し業者に見積もりを依頼して、一番安い業者を選択する事となりますが、引っ越し業者といって思い浮かべるのはCMや広告などでもよく見聞きする、大手の引っ越し業者ではないでしょうか。

大手引っ越し業者は季節によっては安い時期もありますが、進学や転勤に伴う引っ越しが重なる春などは割高となっています。
そこで、引っ越し料金を安くする方法ですが、一番のおすすめは、赤帽などの配送業者に依頼する事です。
料金は、数千円からの設定となっているので、とても安く引っ越しをする事ができます。

配送業者の場合の難点は、荷物があまり運べない事ですが、もし、引っ越し前は家族と住んでいて電化製品があまり無く、引っ越し先で一人暮らしをスタートする場合でしたら、引っ越し先の土地の家電量販店で大型家電製品や家具を購入する事をおすすめします。

引っ越し料金を安くしようと思って、家族や友人に依頼する方法もありますが、日当分のお礼をするのはマナーなので、よけいに出費がかさむ場合もあります。
また、もしも家具や新居に傷がついたり、紛失したりした場合はトラブルを引き起こす可能性もあるので、引っ越しは、プロの業者の方に依頼したほうが良いと思います。

配送料金だけで無く、労務費も込みで数千円からとなっているので、大型レンタカーを借りて自分で引っ越しをするより安くて楽です。