引っ越し前にやるべきことと手順

進学や就職、転勤などで引っ越しが決まり、新居が用意できれば、まず、するべき事は引っ越し業者の選定です。
引っ越し料金が会社負担の方や、お金に余裕のある方は利便性に優れた引っ越し業者を選定してください。

学生など割安で引っ越しをしたい方は、安い業者を選択してください。
次に、引っ越し業者が決まれば、荷づくりを始めます。
新居の間取りも考えた上で、家具の配置などをイメージして、自分の持っている者を取捨選択します。

この際、思い出の品も含めて、新生活に不必要なものは廃棄する事はおすすめです。
この先の引っ越し及び新居がすっきりする事は間違いありません。

また、今住んでいる所の家賃や光熱費を始めとした契約関係を早急に、解約します。
解約日は、引っ越しの日とします。

家賃などは、退去の2カ月前までに通知する事等、定めがあるので、契約書に従って早急に対応しましょう。

水道代、電気代、ガス代に加えて、忘れがちなインターネットの解約にも注意します。
インターネットは回線料金と、プロバイダ料金が異なるのでくれぐれも解約漏れがないように注意します。

また、郵便物や銀行口座をはじめとした、住所登録をしている契約の手続きも行います。
銀行等に関しては住所変更の手続きを、郵便物に関しては転送手続きをします。

インターネットに登録している住所にも要注意です。
例えばネットショッピングサイトに登録している住所をきちんと変更していなければ、旧住所に購入物が届いてしまうので要注意です。