一人暮らしの引っ越しのニーズに見合った商品として好まれているワンルームパックですが、料金的にお得かどうかという問題に触れてみたいと思います。
結論から述べますと、運んでくれる荷物の容量に対して料金は割高と言えます。パック料金となっているので、多少の割引はあるかもしれませんが、なかなか交渉しても大幅な値下げには結びつかないのが現状です。例えば、荷物を当日運んでしまうのでは無く、前日に荷台に積み、車庫で一泊し、翌日に新居へ届けるといったコースの場合は、他の人の荷物を同じトラックに積んで順番に回るので、複数の案件を一回の交通費と人件費で引っ越しする事ができ、引っ越し業者的にも経費が抑えられるので、お客様に対しても割引をする事ができます。季節的に引っ越しが少ないシーズンの場合も、引っ越し業者的に、売上が無いより、あったほうが良いので、割引して契約に結びつけるケースがあります。その場合はお客様にとってお得になります。
ワンルームパックがパックである事を理由に割引が適用されない場合は、通常の引っ越しプランで値切り交渉に持っていったほうが安くなる場合もありますが、それでもワンルームパックを利用する場合のメリットとしては、保険が手厚い事です。万が一、家具や新居に傷がいった場合は保険で修理代を保証してくれるので安心です。引っ越しプランは見た目の値段だけが安い場合は要注意です。保険がついていない場合や、当日の引っ越し担当者が優秀でないなどデメリットも抱えているので、料金の中に含まれているサービスも考えてお得かどうかを検討する事をおすすめします。